試作部品加工から量産化

  • プレス・金型工法
  • 試作実績
  • 量産化・コスト削減サイマル活動
  • 三次元試験装置
  • 3Dデータ衝からの試作手配
  • カチオン塗装
営業時間 8:00~17:00(月~金)  時間外は、問合せメール にてお願い致します。
  • なぜ、試作部品加工の短納期・ローコスト化が可能か?

    啓愛社試作グループでは、24時間対応可能な一括製作体制により短納期納入を実現しています。
    また、高品質・原価低減策 は、お客様のニーズにフレキシブルに対応できる各種プレス金型工法により実現しています。
    どのような方式のプレス金型工法を採用するかは、部品の材質、板厚、数量、形状などの内容を考慮して決定していますので、 条件に応じた最適コストと短納期を実現しています。

  • 試作実績が語るユーザーの信頼感と、
    納期・コスト・品質への自信

    試作部品加工の実績は、コンスタントに年間3千件以上です。
    納期は平均1週間です。啓愛社の試作加工事業は、自動車メーカーを始め、輸送機器メーカー、産業機器メーカーなど 多くの国内基幹製造メーカーに支持されてきています。

    部品の試作から量産化の、納期短縮とコストダウン+品質アップ に関して、絶対の自信がありますので、是非一度お声をかけてみてください。

  • 量産性検討会議による戦略的コスト削減

    製造コストの削減 は、設計段階でいかにコスト削減のアイデアを織り込むかがキーポイントと考え、私たちは日々その活動を実践しています。
    そのため啓愛社の試作製造グループでは、金型製作前の設計のごく初期の開発段階から生産性を織り込むための定例会を実施しています。
    この量産性検討会議には、図面を描く前から生産技術者も参加させ、戦略的にコストを下げるためのアイデア交換が活発に行われています。
    その過程で、試作からの量産移行がスムースに行えるように懸案の抽出を行っています。
    当然全ての案件は、量産化提案の形でお客様にフィードバックされます。

  • 確かな量産化提案のための設備と技術力

    コスト削減、納期短縮のための量産性検討会議のアイデアも、数値的な裏づけとなる検証がなされなければなりません。
    安定した品質のモノづくりを短納期で実現 するためには、試作品の3次元形状取得、3次元ピッキング、3Dモデリング作業など 計測検査工程の現場での大量・迅速、そして精密に自動で測れる装置が欠かせません。
    当社のCNC(コンピュータ数値制御)画像測定システムを始めとする、最新鋭の測定装置が、 同じ品質が要求される大量生産の現場での自動測定を可能とし、安定した品質のモノづくりを支えてくれています。

  • 3Dデータ衝で実現するプロセス改革が
    超短縮納期の道

    当社部品試作Gが誇る「3Dデータ衝プロセス」を徹底したプロセス改革が、「超短縮プロセス」 即ち、超短縮化納期 を実現し、量産化の緊急立ち上げを可能としています。
    3D化による「業務の効率化、質の向上」を目的とした、弊社の「3D化コンサルティング」チームは、 自動車での経験に加えて、非自動車製造業のお客様とお仕事をさせて頂く機会が増え、 種々の経験・ノウハウを蓄積しつつあります。
    皆様のプロセス改革、3D業務改善のお手伝いをさせていただければ幸いです。

  • 組立て、表面処理までの一貫製作ライン

    金型製作からプレス加工、溶接(A/W,P/W,S/W)、組立て、カチオン塗装、そして表面処理まで、一貫製作を可能とする ラインを装備しています。
    工場では「ISO9001」を取得し、お客様の満足と信頼を得る品質、納期の確保と競争力のある価格水準の実現 を計っています。 また、米国子会社KI(USA)では、QS9000を取得しており、日本と同一設備を保有し迅速な納期と品質を実現しています。

試作加工、3Dモデリング部品制作の量産立ち上げまでの請負サービスをします。

自動車部品の試作加工制作から量産化の実例

prototype parts prototype parts prototype parts prototype parts prototype parts prototype parts
試作加工部品 加工部品

3Dモデリング事例

prototype parts prototype parts prototype parts prototype parts prototype parts prototype parts
  • プレスから溶接、組み立て、機械加工、カチオン塗装まで、部品加工の一貫生産を行っています。
  • 「ISO9001」基準での品質向上のための組織的マネジメントシステムの運用により、品質と納期の確保は万全です。
  • 競争力のある価格水準の実現のため、製品構想段階から、コストカット・納期短縮のための生産工程の設計を行っています。
  • 最新のCAD/CAE/CAMシステムによる試作、金型設計、部品加工を行っています。
  • 3Dデータを衝にした、部品の試作加工ができます。
  • 実験・解析データの提供、そして納期短縮まで客先ニーズに対応した小回りの効く技術サービスを提供しています。
部品の試作加工から量産に実績有り
プレス部品試作加工サービス利用の理由
No1 プレス部品加工品も金型製作も短納期対応

金型製作からプレス加工、機械加工、溶接、カチオン塗装まで一貫して行う体制。
お客様のニーズに対応できる部品製造工程により短納期で部品を提供。

No2 緊急立ち上げが得意

24H稼動体制で組織化、自社高精度金型加工技術により緊急暫定品や緊急立ち上がり部品 の短納期供給体制も万全。

No3 試作部品段階から量産化提案が可能な設備と技術力

量産化のための要求仕様と価格低減策の具体提案を可能とする設備と技術力が自慢。
CNC三次元測定機、輪郭測定機、真円度測定機、3D画像測定機などを装備した恒温測定室や、 形状検討、強度実験、FEM解析などを駆使した製品検討を多角的に行います。

No4 2D,3Dのみでの部品試作が可能

CADデータを衝とした部品図を作成し、図面レスでの試作・量産対応を可能としています。

No5 各種溶接、ロー付け、表面処理も同一工場で一貫製作

カチオン塗装については、小物からドアー、ルーフサイズまでの実施が可能です。

お問合せ・ご依頼フォーム

啓愛社の部品試作グループでは、自動車部品をはじめ、鉄道車輌・建機・航空機・産業機械などの 部品試作から量産化のリクエストにお応えできます。
お問合せは、お電話(045-804-8812)か
問合せフォームでお願いいたします。
お電話でのお問合せ時間 8:00~17:00(月~金)
上記時間以外は、以下のお問合せメールにてお願い致します。

恐れ入りますが、全項目のご入力をお願いします。

貴社名:
所属部門名:

AE解析活用の技術提案と原低事例

プレス板金形状の提案

材質:SAPH440
板厚:4.5mm

ベース部品のCAE解析

共振周波数、補機振動、ブラケット発生応力等を検証し、実機評価結果とのコリレーションを行う

提案部品のCAE解析

お客様の望まれるクライテリアの達成を、CAE解析で検証し提案形状を決定する

単体加振耐久試験の実施(クライテリア達成の確認)

共振周波数での107 回加振評価を実施し、亀裂発生の有無を確認する。 合わせて応力測定を実施する事により、対策形状の検討を容易とする

量産エンジンへの採用

3D/CADによる組付け確認により干渉問題を事前に解消し、スムースな量産移行が可能となる

試験・測定装置

  • CNC三次元測定器
  • 3D画像測定機
  • 振動試験機及び応力測定機
  • 10トン疲労試験機
Subscribe RSS